2006年10月

2006年10月29日

3周年記念

2006年10月29日を持ちまして、


アルー株式会社(旧エデュ・ファクトリー)の


3周年記念を迎えました。


3周年記念イベントを、4人のメンバーが主体と


なって開催してくれました。


3周年記念1






3周年記念2






創業者・取締役池田さんから一言

3周年記念3






創業者・取締役高橋さんから一言

3周年記念4






僭越ながら、私からも一言

3周年記念5





常日頃は、


「アルーにいつから参画しようとも、寸分の違いもなく、全員アルーのメンバーだ。」


ということをポリシーとしていますが、


このときばかりは、創業者としてお話をさせていただきました。


「今の自分たちがあるのは、いままで支えてくださり、


そしてこれからも支えてくださるだろう、お客様とメンバー1人1人と


メンバーの家族の方々と、株主と、パートナー企業様があるから。


○周年記念(すなわち誕生日)というのは、


今日という日を迎えることができたことに対して、


それを支えてくださった多くの方々に感謝する日であると」


本当にどうもありがとうございます。これからも全力でがんばります。


2006年10月25日

渋谷へ引越し2

ちなみに、引越しする前は新橋にいました。


引越し作業の最中の様子↓


新橋オフィス1


それが、引越し後は、


渋谷オフィス3


スペース2倍以上。場所は渋谷。


そして、素敵なオフィススペース。


ちなみに、セミナールームもあります。


え?そんな大きなスペースをどうやって確保できるかって?


そこが、当社マーケティングチームの凄いところ。


まるで手品のように、スペースを有効活用して、


実際のスペース以上のスペース感覚を提供してくれます。


このスペースから溢れ出るの活気で、


明日からの仕事を取り組んでいこう!


2006年10月22日

渋谷へ引越し!

実は、9月末に渋谷に引っ越しました↓


渋谷オフィス1


なかなか素敵なエントランスでしょ!


我がマーケティングチームが、デザインしてくれました。


気づいていただけました?


え?何?


ほら。そこそこ。


え?


・・・ライトの形!


なんていう、すっとぼけ会話をマーケティングチームと交わしながら、


オフィス設立前祝をマーケチームと行いました。(with some beer)


自宅の4畳半から始まった会社が、


エントランスをもつ会社にまで育ちました。


我々とお付き合いいただいている全てのお客さまと、


アルーで一緒にがんばってくれているメンバーに最大の感謝。


そして、このような素敵なオフィスを創ってくれたマーケチームに感謝。


本当にどうもありがとう!


渋谷オフィス2
edufactory at 20:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月16日

社長だから○○ではなく、○○だから社長!

久しぶりの投稿です。。。


今日は、自戒を含めたメッセージを。


代表をやっていると、メンバーの人が気をつかってくれて


「社長だから○○」


ということをいってくれる場合もありますが、


会社全体のためにそうあるべきならば、


これでいいのですが、


それが必ずしも会社全体のためとは関係がない場合も


多いものです。


(メンバーの方が気を使ってくれていることに対しては、


感謝以外の何者でもないことはもちろんでありますが。)


私は、


「○○だから社長」


といっていただけることが大切だと思います。


○どの人よりも会社の将来のことを真剣に考えているから


とか、


○どの人よりも会社1人1人の幸せを気遣っているから


とか、


「○○だから」が先にくるのが大切だと思います。


しかも、この○○というのは、自分が定義するものではなく、


周りの人が自然とそう思うもの、なのではないでしょうか。


もちろん、これは誰にとっても当てはまるものだと思います。


「部長だから・・・」「課長だから・・・」


ではなく、


「○○だから部長」「○○だから課長」


を目指すべきかな、と勝手ながら思っています。


自戒の意味を込めて。



2006年10月03日

9月の誕生日

当社の9月誕生日の人を紹介しまーす。


2006年9月誕生日


右側は、お馴染み村田君でーす。


彼は、エンジニア出身ですが、持ち前の粘りっこさと


頭の切れを駆使して、当社の商品開発そしてソリューションの


中核としてがんばってくれています。


左側は、初お目見え、つるちゃんでーす。


つるちゃんは、以前はチェーン店舗の店長でした。


20人以上ものアルバイトの方をマネジメントしていたそうです。


凄い。。。


まだ若いのに。。。


(最近、この手の「おやじ発言」が飛び出してきました。。。要注意)


つるちゃんは、入社してから数ヶ月しかたっていませんが、


いまやソリューションチームの中核となって


がんばってくれています。


すごいオーナーシップ意識をもって。


村田君、つるちゃん、いつもどうもありがとう。


そして、誕生日おめでとう!

edufactory at 20:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月01日

2Qの締め会

今日は、2Qの締め会の日。


今日は、キャリアプランニング部の分部氏ご推薦で、


渋谷の高層にある素敵なレストランで開催(↓)

2006年2Q締め会


2Qも充実した四半期になりました。


将来の成長の核となる組織化がすすみ、


将来の稼ぎ頭となる商品も多数開発されました。


そして、3Q以降の商戦の仕込みが完了し、


3Qと4Qは実行あるのみという状況。


本当に皆よくやってくれています。


どうもありがとう。


今宵は、ゆっくりと語り合いましょう
edufactory at 22:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
落合文四郎
(おちあい ぶんしろう)

東京大学大学院理学系研究科卒、株式会社ボストンコンサルティンググループ入社後、コンサルタントとして業務に従事。
2003年に、「夢が人を育て、人が夢を創る」そんな社会を実現する教育・人材サービス会社「エデュ・ファクトリー」を設立。
2006年4月1日に、「アルー株式会社」に社名変更を実施。

趣味はテニス、ゴルフ。
出没エリアは早朝築地と浅草神田の老舗。
休日は(ほんのたまに)最愛の妻のために魚をさばいたり、自ら火を起こしBBQをすることも。
ご挨拶
少し先の日本と世界のために、今できること

現在、日本では、高度経済成長期から安定成長期への移行と、少子高齢化を背景として、今後継続的な成長をしていくか、あるいは、緩やかに衰退していくかの岐路に立たされています。この分岐点において、継続的な成長の道のりを歩むためには、短期的には一人当たりの業務生産性の向上が必要となります。そして、中長期的には、個人、そして会社、そして国が“夢”を持ち続けて、将来を前向きに考えることが必要です。

“夢”は人が前進するための大きな力となり、挑戦を生み出します。一人の挑戦が、次の人につながり、社会全体に夢が広がっていく。 先進国である日本が失いつつある、将来に対する“夢”。アルー株式会社は、誰もが夢を持ち、挑戦が生まれ続ける社会の実現に向け、全力で、その役割を果たしていきたいと考えています。

日本中、そして、アジアを始めとした世界中で、「夢が人を育てて、人が夢を創る」社会を実現するために、アルー株式会社は挑戦し続けます。
大切にしているコンセプト

何が人を成長させるのか?

年間3万人以上の方たちの育成を支援する中で、私たちは考えました。行き着いた答え、それが「能力と結果は“量”が作り出す、量は”環境”が作り出す」というものでした。新人、若手、管理職…、人が集まることで、それぞれ、お互いの存在が環境となります。 OJTとOFF-JT、現場と非現場もまた、人が育つための環境です。私たちは量を生み出す環境作りに、情熱とこだわりを注ぎ続けています。 ⇒続きはこちら
■「100本ノック」
■「シミュレーション&フィードバック」
記事検索