2005年09月

2005年09月30日

新社名を社内発表しました!

今日は社員合宿初日。


1泊2日で、河口湖にきています。


河口湖のコテージを貸しきって、


初日は、ミーティングを実施。


その後BBQから懇親会に入り、


翌日は社員旅行に様変わり!というプラン。


初日の今日は、


「新しいブランドコンセプトと新社名」


の発表会!


まずは、何故いまのタイミングで


ブランドコンセプトを明確にする必要が


あるのかを議論。


村田君プレゼン


さすが我々のメンバーが集まって


「ぐりぐりっと」


議論すると、いい意見がでてくるなー。


その後、


新社名の発表!


といいながら、実際の社名を皆様に


お知らせするのは、もう少し後にさせてください。


(もったいぶっているだけですが、


もうすこしもったいぶらせてください(^^))


その後、その新しい社名を活用して、


「将来、どのようなことがしてみたいか?」とか


「3年後のテレビCMを作ろう」などをテーマとして


チームごとのディスカッション&発表という形で、


その社名の意味・ニュアンスをメンバー皆に


咀嚼してもらいました。


メンバーの皆もとても気に入ってくれている様子!


最後に私が本日のまとめと今後の指針を説明

落合プレゼン


ここまでくるのに2ヶ月間くらいかかりましたが、


頑張ってよかったなー。


とほっと一息。


検討メンバーの皆さん、お疲れ様です。


中でも、メインファシリテーターを努めて


いただいたHさん、メンバー一同感謝しています!


あさっての、おでん屋でゆっくりフィードバックしますね。


さて、BBQ!


BBQの買出しは午前中にしたのですが、


やっぱり皆若いなー、という感じです。(いい意味で)


S.S「肉は、買った?」


K.T「うなぎも買おうよ!」


H.M「蟹は?蟹?」


M.W「肉がなりないよ!カルビ!カルビ!」


Y.H「ソーセージもありますよ!」


っていうか、食いすぎだろ!


やたらと肉食が多いんですよね。この会社は。


(まあ、若い男が多いから仕方がないか・・・)


結局、最後に1人1品ずつ間引きをして購入。


BBQは、これまた、NO 秩序。


網一杯に無作為に広がる、肉・魚・野菜たち。


そして、それを片っ端から平らげていく若者たち。


という、自分は胃腸の調子がいまいちなため、


うどんをつくってもらい、食べていました。


ぐっちゃん、九州風うどん、美味しかったです!


どうもありがとう!


夜は、恒例のコンビニゲームをやって、解散!


3時ころまで飲んでいたらしいです。


みなさん、お疲れ様です。


ランキングもどうなっていくのでしょうか!
edufactory at 23:59|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月27日

上海に


熱を上げていたのはいいのですが、


挙句の果てに、


自分まで熱を上げてしまいました。


39度。


あちゃー。


社長たるもの、健康維持こそ、その一番の責務


であるにもかかわらず、ご関係の皆様、社員の皆様


ご迷惑とご心配をおかけしてしまい誠に申し訳ありません。


火曜日1日中お休みを頂いておりましたが、


家族(母)とお嫁様の看病のおかげで、


大分復活しました。


さらに大きな自分へと脱皮しました!!
(んな、わけねーだろ!)


ともかく、会食・ミーティングの予定


を入れさせて頂いた皆様。


勝手ながらリスケのお願いをさせて頂き、


誠にすいません。


これからは、健康な体作りに精進しますので、


今後とも、お付き合いのほどよろしくおねがいします。


【健康な体作り宣言!】

1.朝ごはんをちゃんと食べる
(既に8月より実施済。THANKS FOR お嫁さん)

2.トレーニングジムに通う
(大学の御殿場ジムに通う予定です。お前は学生か?)

3.休日は、フルフルの予定を組まない。
(今度の青森行きも、予定を変更して、最終日の昼ころに
帰ってくるようにしました。)


皆様もお体だけは大切に!


体は「ビジネスの根源的な資本」です!

ランキングも上がってます!

2005年09月25日

中国雑技団

833b797c.jpgも見ちゃいました。


これも、圧巻。


人間業とは思えないことを


平然とやってのけます。


写真のものは、その一部。


この男の子は、おそらく


13〜15歳くらいではないでしょうか?


体つきからみると、体操選手のような


がっちりとした体つきではないのです。


明らかに成長期前の男の子の体なのですよ!


それなのに、すごい曲芸を披露してくれました。


感動!


このような形で、いろいろな人・団体が入れ替わり


芸を披露してくれます。


全部で7チームくらいの芸を見せていただいたでしょうか。


どのチームのパフォーマンスも最高でした。


ただ、


ちょっと、思ったことが・・・


その当日の費用は、最もいい席で1人280元(4500円くらい)。


最も安い席だと100元くらい(1500円くらい)


当日は、ざっと数えて全部で300人くらいでしたから、


席の平均料金が2500円程度としても、


2500円×300人=75万円。


この手のものでは、高くても3割程度しか出演者には


いかないでしょうから、全チーム(10チームくらい?)


で25万円。


すると1チーム2.5万円。


複数人でやっている場合には、さらにそれを山分け・・・。
(ちなみに、見た中では、1チーム平均5人くらいです。
すると1人5000円)


毎日、芸を披露できるわけではないでしょうから、


日ベースに換算するとさらに少なく・・・(3日に1回として
1700円程度)


確かに上海の物価は安いですが(感覚値で日本の半分くらい)


これだけの芸ができても、


あまり楽ではなさそうです。


何かがおかしい感じがしますよね?


この「?」は、上海という地域のあまりにも


高度な成長のひずみを示すものかもしません。


また、上海に行って、いろいろなことを感じてこようと思います。

ランキングもよろしくお願いします!

2005年09月24日

リニアモーターカー

に初めて乗りました。

e23e0066.jpg
「おまえは、小学生か・・・」


という感じのはしゃぎぶりを


周りにさらけ出してしまいました。


一応、日本人と悟られないように、


あまりしゃべらずにはしゃいでいたので、


日本人の恥にはなってはいないと思います。


(ちなみに、現地では、言葉を発しなければ


日本人と見られたことは一度もありません。


こんな感じのことがありました。


レストランにて


(レストランの方)「落嗚合呼文我四在郎?
(ちなみにこれは適当です。感じだけ掴んでくださいませ。
中国の方へ:勉強不足で申し訳ありません。
拠点を展開するまでには、しっかり勉強しておきます)

(落合)「・・・ ・・・」


(レストランの方)「藍上尾下記絎毛固?」


(落合)「We are japanese!」


(レストランの方)「・・・ ・・・」


(落合)「・・・ ・・・」


(レストランの方)「・・・ ・・・」


(開き直って)


(落合)「あのー、日本人なんですけど・・・」


(レストランの方)「oh,日本人(リーベンレン)」


その後は、漢字で会話しました。


ちなみに話終わり)


そう、リニアモーターカー。


子供のときから、その可能性につしては


知っていましたが、


この時期になって初めて乗れるとは・・・


大感激!


何と430KM/Hですよ!!


乗っているとちょっと浮いている感じが


伝わってくるのです。


それが日本よりも先に上海で実用化されているのが、


上海の意気込みを感じます。


本当に小学生に戻って、ワクワクした1日でした。

2005年09月23日

上海にて

この3連休は上海に行きます。


誰とかって?


それは、秘密・・・


ではなく、嫁さんといってまいります。


80%のプライベートと、


20%の将来の拠点についての下見を兼ねて。


上海の躍動感、エネルギー、貪欲さ、


を肌身で感じてきました。


わが社にとっても、近い将来


重要な拠点となることでしょう。


初めての上海ということもあり、


書くのも恥ずかしいくらいの


「典型的な」おのぼりさん


コースをめぐっていました。


特筆するべきは、


「上海ガニ!」


一見すると、


「えーーー、こんなに小さいのおおお」


となえてしまいそうですが、


蟹ミソが最高なのですタイ。



そして、もう一品は、


「しょうろんぽう」(漢字が苦手)


でーす。一口に食べながら、


「あつ、あつ、はふ、はふ」


という感じでその中身を楽しむ


のが最高!


いやー、視察?を忘れるくらい、


「食」に熱中しました。


ちなみに、これは「ふかひれ」でーす。

2d5a08de.jpg


うーん、満喫。

2005年09月22日

メンバーとの食事!

昨日の夜は、


営業メンバー2名と、


会食をしました。


最近とっても頑張ってくれている、


頼もしい2人です。


(もちろん、EDUは全員とっても


頑張ってくれています!)


普段は、緊張感のなかで、


ときにはeasyでないこともありますが、


そんななかでも


自分のなかでチャレンジを重ね


確実に成長していってくれています。。。


そんな2人への感謝の気持ちを表したく、


今まで食べたことない!!と思われる、


分厚いステーキを


一緒に食べに行きました。


(とか、かっこいいこと言っていますが、


一番食べたいと思ってたのは、自分です。。。)


もちろん、他のメンバーも


順次連れ出しますので、ちょっとばかり


お待ちくださいね!(休肝日が必要なので。。。)


今回のメンバー2名を紹介します。


まずは、


”じゅんじゅん”、でーす。

じゅんじゅん


見た目によらず・・・、


負けすぎらいで、本質追求型でーす。


そのあたり、自分とちょっと似ていまーす。





お次は、


”しゅんちゃん”、でーす。


しゅんちゃん


見た目どおりの・・・、


優しい青年でーす。


いろいろな話をしましたが、


その中で、


本質的な気づきがありました。


教育効果を測る、本質的な方法論に


気がついてしまったのです。


これは、100本ノックを開発したのと、


同じレベルで重要な気づきだと思います。


早速、商品化します。


VALUEを生み出すまでには、100本ノックと同様


少し時間がかかりますが、


本質的なことを、わかりやすく表現できる商品・サービス


ほど、強いものはありません。


しかも、これは全てのお客様が求めていることなのです。


これからも


前向きに、


新しいことに、


どんどんチャレンジしていきましょう!

2005年09月21日

人間味のある会社

人間味が溢れている


会社にしたいな。


と最近常々考えています。


なので、


今度、こんなことやってみることにしました。


人間味というのは、


その人っぽさが凄く際立っている


ということですから、


その人の「凄いところ」と「しょーもない所」を


共有してみることにしました。


何がいいかといえば、


人は誰でも自分の「しょーもない所」を


隠したがるものです。。。


でも、それは多くの場合、


「凄い所」の裏返しなのであって、


隠す必要もない、どちらかといえば、


あけっぴろげでいいのです。


そこを隠そうとする労力をつかうくらいなら、


「凄い所」を伸ばすことにつかった方がいい。


単純な発想です。


だから、これからのメンバーは、


「しょーもないところ」と「凄い所」が


際立つことになるでしょう。


ちょっと、雑談ベースで役員メンバーで


話してみました・・・


例えば、役員メンバーは・・・


H.M
しょうもない所:
・のみ過ぎるところ。
・朝遅いところ。いつも眠そうなところ。
・無頓着なところ。
・何かにつけて、人にNEGOしてくるところ

凄い所:
・人を見る目が凄い。
・電話の声がしぶい。
・印象付けは凄い。
・交渉術。
・達成型。
・根回しが得意。
・私利私欲がない。

K.T
しょうもない所:
・歯止めがきかないところ。
・結構計算高いところ。
・手が早いところ。
・生真面目。
・堅い。
・近寄りがたい。

凄い所:
・決断が早いところ。
・目標達成意欲。
・推進エネルギーがある。
・プレゼン的コミュニケーション。
・私利私欲がない

Y.I
しょうもない所:
・自分勝手なところ。
・おたくっぽいところ。
・遅刻するところ。
・いい加減なところ。

凄い所:
・こだわりがあるところ。
・情報通なところ。
・細かい所をきっちりやる所。
・人に気を使うところ。
・視野が広い所。
・根回しが得意。
・必殺仕事人。
・私利私欲がない

B.O
しょうもない所:
・1つの芸・店をひたすら使いまわす。
・影響を受けやすい所。
・感情的な所。
・ネタが乏しい。

凄い所:
・頭いい。
・本質をはずさない。
・人をよく見ている。
・意思が強い。
・奥さん想い。
・私利私欲がない

これを、「笑い」ながらやるわけです。


今度の全社合宿で全メンバーに対して


やってみようと思います。


「しょうもない所」は、あったほうがいいのです。


それを受容してもらえばいいのです。


私も、「凄い所」と思っていただいている所を


をひたすら伸ばすことに邁進します。

しょうもない所を受容できたらぜひランキングもお願いします!

2005年09月16日

経営会議

昨日は、


20時から、5時まで経営会議


でした。(後半は飲みですが)


ちょっと、今日はさすがに眠い。。。


コーポレートブランドの話、営業の話、


事業戦略の話、ヴィジョンの話、あほな話、


などなど、むし熱く語っていました。


森が


途中で、


いいことを言いました。


今後の体制について考えていたときに、


今までどおり役員層がプレイヤーを兼ねて


引っ張っていくのか、任せるのか、


議論になりました。


「あいつに任せよう。絶対にいけるよ。」


任せきることにします。


EDUFACTORYが音を立てて成長した瞬間だと


確信しました。


任せきれれば、倍倍に成長していけるでしょう。


「赤子泣いても、ふたとるな。」


81c1b87a.jpg


ちなみにこの写真で、皆は


新しい社名を口ずさんでいます。


さあ、何でしょう?(^^)


乞うご期待。


一緒にランキングも叫びましょう

edufactory at 16:39|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月15日

木村社長

先日、


KBMJ木村社長


と木村社長の友人と一緒に、


朝まで・・・


飲んでいました。


BLUE NOTEに行き、演奏を堪能。


(木村社長!チケットありがとうございます!)


すばらしい演奏を聞かせていただいたのは、


なんと!PEABO BRYSON


その後は、六本木の寿司屋へ。。。


この時期は、いくらと秋刀魚がうまい。。。


そして、さらにもう1件。


仕事の話は・・・


全くせず、


あほあほ話に花を咲きました。


最後のほうはあまり覚えていませんが。。。


木村社長は本当に格好いい男です。


また、遊びます。


頻繁に。


次はゴルフの予定です(勝手に自分で考えているだけですが)


2005年09月13日

選挙結果!

9月11日は、


衆議院選挙でしたね!


前日まで、高校時代・大学時代の


大先輩の選挙活動を


微々たる力ではありますが、


手伝っていました。。。


(もちろん、土日くらいですが)


その大先輩は、35才。


財務省の超エリート官僚です。


イケ面。独身です。


名前は、木原せいじ。


名前をひらがなにしちゃうあたり、


ちょっと、選挙っぽいですよね。


え?


イケ面がみたい?


・・・


・・・


そういわれるかと思って、


なんと!


写真を用意しましたああああ!!!


みたい?


みたい?(しつこい)


6b035d2a.jpg





この右側!


じゃなくて、左側の方でーーす。


イケ面でしょ!


お薦めですよ!!!


紹介しましょうか?って、


もはや、雲の上の人ですが・・・(\.\)


この写真は、


9月10日20:00、すなわち、


選挙活動が終わったときにとったものです。


うーん、出しきった!


はつらつ!


って、感じでしょ!


小泉首相や安倍晋三さんも


応援演説にいらっしゃいました。


やはり、お2人とも演説がうまい!


数千もの人のココロを動かす


演説って、やっぱり迫力があります!


正直、びっくりしました。


そして、結果は・・・、


3日前まで2ポイント(%)差で


負けているという状況であった(と聞いています)


にも関わらず、


112634票 対 107916票


の約5000票差でした。


木原さん、おめでとうございます。


4年に一度これをやるとなると、


若干荷が重いです。。。(笑)



2005年09月10日

築地に出没

今日は、


朝からリクルーティング面接が


あったのですが・・・、


もう何回も来社してくれている人なので、


また、ふつーに面接するのも


難だと思い、


朝9:00〜の予定を


1時間半ばかり早めてもらって、


7:30に築地に集合して、


お寿司をたべましたああああ!!!


566854e5.jpg

から始まり、


今日の大目玉は、


生いくら

なんと、この時期しか食べられない、


生いくら!


普段、私たちが食べているいくらは、


それを冷凍させたものを使っているのだとか。


このいくらは、薄味で、皮がとても柔らかいのです。


美味しかったー!!!




えび


締めは、やっぱりえび!!


この店は、一通り終えた後に、


好きな一品を選んで握ってくれるのです。


満足度高くなっちゃうよなー。


うちも、やろうかな。


1コース終わったら、もう1本追加!


みたいな(笑)


うーん、ちょっとストイックか。


朝から上機嫌な自分でした!!
edufactory at 11:01|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月09日

元BCGの同期入社組みと

の飲みの場に、ご一緒させていただきました。


何故、同期入社なのに「ご一緒させていただきました」か?


私は新卒入社でしたが、


彼らは中途入社だからです。


GABAのCOO須原さんと

東ハトのCOO後藤さんです。


2人とも、いい感じに会社を成長させています。


すごいな。。。


自分も負けじと頑張ります。


特にGABAは、


「マンツーマン英会話」


を標語として、一貫したブランド戦略を


構築しており、とても参考になります。


早く、大きくなりたいなー。


頑張ろうな。みんな!

2005年09月08日

コンサルタントとの会食

昨日は、


いつもお世話になっている


コンサルタントの方と


会食でした。


とても、とても


頭のいい方で、


本質を


すごくわかりやすい言葉で


表現することにかけては、


最高レベルです。


人類のKNOWLEDGE MANAGEMENTをテーマとした場合、


「本質的なコンテンツ」を押さえ、


それを「使いやすい形で提供する」


ことが、中長期的に絶対的な勝ち組


になるための唯一の要件である。


こんな感じのことが、結論でした。


今後も、よきアドバイザーになって


いただこうと考えています。


気がついたたら・・・


夜中の2時でした。


同じ店で・・・


6時間も飲んでいました。。。


飲みすぎてはいないのですが、


ちょっと頭を使いすぎました。。。


今日は、


頭が


若干


疲れ気味です。


営業2件をDONEしたら、


今日は早めに帰りたいと思います。

人気blogランキング登録開始!

2005年09月06日

団体戦その1

最近、


昔のことを思い返すことが


よくあります。


それは、大学時代の友人に


会う機会が多くあるからですが。


大学時代は、


「トマト」


というテニスサークルに所属していて、


何よりもそのサークル活動に


いそしんでいました。


その中の1大イベントは団体戦。


関東チャンピオンを目指して、


まさに「サークル一丸となって」


勝利に向けて頑張るというもの。


総勢100名以上のサークルなので、


団体戦のピーク時には、


それこそ大所帯となって、


楽しく、活動していました。


そして、私はそこから非常に多くの


ことを学んだのです。


1.いろいろなバックグラウンドをもった
人々の心を1つに結集するためには


2.プロセスを大切にしながらも、
最終的には「結果」を残すためには


3.組織の規模によって、組織の特性が
どのように変わるのか


4.組織の中の一員として、最大限
組織に貢献するためには


【学んだこと】

1.いろいろなバックグラウンドをもった


人々の心を1つに結集するために必要なことは、


「最も本質的なことを明確にして、それを


なるべくシンプルに表現すること」


に尽きると思います。本質的なことを明確にする


ことの重要性は言うまでもないことですが、


さらに重要なのはそれを「どう表現するか」ということ。


この表現というのは、言語だけではない、全ての


表現手段から「かもし出される雰囲気」を指します。


「伝える」のではなく、「伝わる」ものなのです。


だから、どういう言葉で伝えようということだけ


ではなく、それを体現するためには、どのような


場面において、どのような行動をとっているはずなのか


ということを常に考え抜く姿勢が必要です。


これは、経営方針を社員全員で共有したいとき


お客様に対してブランディングをしたいとき、


も全く同じだと思います。


現在、EDUでは、


社名変更の可能性も含めて、


ブランディングを見直しております。


それは、1人のプロのおかげなのですが、


とってもいい方向に進んでいると確信しています。


10月には発表できるかと思います。


さらなる成長に向けて、頑張ります。


残りのポイントについては、後日書きます。


それでは、みなさま明日も頑張りましょう。

人気blogランキング登録開始!

2005年09月04日

お世話になった先輩が・・・

61a039f0.JPG結婚することになりました。


おめでとう。やまちゃん。


一部、映りのよくない


女性もいますが・・・(左から3人目)


まあ、その辺は気にせず・・・


真ん中にいらっしゃるのが、


結婚することになるカップルです。


旦那さんは北海道出身の、


ばりばりのSEだそうです。


カップルの女性が「やまちゃん」


という大学時代の先輩で、


とっても、とってもお世話になりました。


そのときに教わったことは、


いまでも自分の中で脈々と活きています。


その後輩思いな「やまちゃん」が、


結婚を決めたということもあり、


当日は、その日に声をかけられた人が多い


にもかかわらず、


これだけのメンバーが集まりました。


みんな大学時代のサークルの仲間たちです。


そう、今選挙に出馬している大先輩の


後輩たちです。


「やまちゃん」は・・・


昔は、


心無い後輩から、


・・・


・・・


「ピーナッツぽいよな」


・・・


・・・


などど言われながらも・・・、


いつも元気に


「おっす!文四郎、元気?」


などと声をかけてくれる


心優しい先輩です。


そんな「やまちゃん」が


人生のパートナーとして


選んだ旦那さんは、


その姿からかもし出されるように


「優しさ」と「洒落っけ」を


兼ね備えたNICE GUYでした。


「やまちゃん」をよろしくです!


とっても素敵な女性ですから。


サークルメンバー全員で、


旦那さんにそうお願いして、


帰路につきました。


心温まる夜の時間をどうもありがとう。


「やまちゃん」!

人気blogランキング登録開始!

2005年09月03日

信念を貫くということ

あたりまえのことですが、


信念を貫くことの


大切さと、大変さを身にしみて感じています。


信念を貫くことの裏返しには、


いろいろな周囲の意見・風潮を


有難く受け止めながらも、


状況によっては、


「自分はそうしない」


という意思がなければいけません。


まだまだ経験が浅い人生ですが、


成功している人の裏側には、


そのような経験が必ず見え隠れしています。


今の自分には、


その強さをもつことに


勇気をもたなければいけません。


自分らしく、


自分の信念を貫くことの


大変さを自分で乗り越える必要があります。


「文四郎らしいねー。」


昔の友人に、そういってもらえるように、


頑張ります。

人気blogランキング登録開始!

2005年09月01日

新サービスカットオーバー

2週間後に


新しいサービスを


カットオーバーします。


大学生の方・フリーターの方向けの


サービスとなります。


厚生労働省のYESプログラム

の認定講座になっています。


これは、社会人になるための


基礎教養を身につけるためのものであり、


6つのテーマから構成されて、


ドラゴンボールのように


1つ1つの講座を受講して


修了証を6つ集めると、


ドラゴンがでてきて、


願い事が叶います・・・


というのは、


もちろん冗談ですが、


6つ集めると、厚生労働省から資格がもらえます。


私が、


この厚生労働省の意向に賛同して、


カリキュラムを開発したのは、


もちろん、


お役人様がいっているからではなく、


お金のためでもなく、


今の日本には若い人たちの力が


絶対的に必要だからです。


若い人が、働くことに意義を感じなくなっている・・・


この事態は、30年後の日本の運命を


左右するほど大きな問題だと思います。


これには様々な原因が折り重なっており、


一筋縄ではいかないことは明らかですが、


日本人の1人として、


何もしないわけにはいきません。


意欲はあるけれども、


いままで社会人になるための教育を受ける


機会がなかった人にとって、


少しでも有用なものでありたい


と願っています。


教育で、


全てが解決するとは思いません。


ただ、


今の多くの大学が、


就業するための質の高い基本的な教育を


実施することができていないのは


明らかではないでしょうか。
(もちろん、実施している学校もありますが)


一昔前であれば、


終身雇用を前提として、


企業が社会人0年目の人々の教育を


多額のお金をかけて、


一手に引き受けていたのです。


しかし、今は時代が違います。


終身雇用は当たり前ではなくなり、


働く人は自分で自分のキャリアを描き、


自分の成長に投資するようになってきました。


一方で、大学はその動きにスピーディに


ついていけず、そこに「教育機会のギャップ」


が生まれているわけです。


エデュ・ファクトリーが、


YESプログラムを開発したのは、


そのギャップを少しでも埋めたい


と思ったからです。


意欲があって、


社会人になるための勉強をしたい


と思っている皆様、


ぜひとも2週間後にオープンする


サイトに訪れてください。


そして、


いろいろなご意見を頂ければと思います。


皆さん1人1人のお役にたてるように


エデュ・ファクトリーは頑張ります。

人気blogランキング登録開始!

オーナーシップ

オーナーシップをもつこと


これは、私が社会人になって


初めて努めたBCGで一番初めに


教わった一番大切なことです。


オーナーシップとは、文字通り


「持ち主であること」


という意味ですが、


ここでは、自分のミッションに対する


オーナーシップを強く意識するという


ことです。


最終的な責任を「自分がとる」という感覚


をもつといってもいいかもしれません。


これをもてる人とそうでない人は、


・任せることが出来る仕事の量・質が違います

・成長のスピードが違います。

・お客様からの信頼の度合いが違います


仕事をするということにおいて、これほど


大切な概念はないのではないかと思うくらい


最近では重要なことだと考えています。


もうひとつ大切なことは、


この「オーナーシップ」ということと、


「人の力をうまくレバレッジ(てこ)する」


ということをいかに両立するかということです。


「オーナーシップ」をもとうとするあまり、


「何でも自分でやろうとして、前にすすまない」


状況に陥ることがたまにあります。


「人の力」を使えるところは、最大限活用させて


もらえばいいのです。(もちろん、感謝の心を持ちながら)


ただし、「オーナーシップ」は自分がもっている


ということを強く感じていることが重要なのです。


EDU FACTORYのバリュー(共有する価値観)の中には


「まねて、ひねって、レバレッジ」


という言葉があります。


「人の力」は最大限活用する。


ただし、「オーナーシップ」を持ちながら。


9月に入り、上半期もあと1ヶ月です。


怒涛の下半期が近づいてきました。


自分もそろそろ臨戦態勢に入っています・・・。


さあ、皆な今までどおり頑張っていきましょう。


「オーナーシップ」をもう少しだけ意識しながら。

人気blogランキング登録開始!
プロフィール
落合文四郎
(おちあい ぶんしろう)

東京大学大学院理学系研究科卒、株式会社ボストンコンサルティンググループ入社後、コンサルタントとして業務に従事。
2003年に、「夢が人を育て、人が夢を創る」そんな社会を実現する教育・人材サービス会社「エデュ・ファクトリー」を設立。
2006年4月1日に、「アルー株式会社」に社名変更を実施。

趣味はテニス、ゴルフ。
出没エリアは早朝築地と浅草神田の老舗。
休日は(ほんのたまに)最愛の妻のために魚をさばいたり、自ら火を起こしBBQをすることも。
ご挨拶
少し先の日本と世界のために、今できること

現在、日本では、高度経済成長期から安定成長期への移行と、少子高齢化を背景として、今後継続的な成長をしていくか、あるいは、緩やかに衰退していくかの岐路に立たされています。この分岐点において、継続的な成長の道のりを歩むためには、短期的には一人当たりの業務生産性の向上が必要となります。そして、中長期的には、個人、そして会社、そして国が“夢”を持ち続けて、将来を前向きに考えることが必要です。

“夢”は人が前進するための大きな力となり、挑戦を生み出します。一人の挑戦が、次の人につながり、社会全体に夢が広がっていく。 先進国である日本が失いつつある、将来に対する“夢”。アルー株式会社は、誰もが夢を持ち、挑戦が生まれ続ける社会の実現に向け、全力で、その役割を果たしていきたいと考えています。

日本中、そして、アジアを始めとした世界中で、「夢が人を育てて、人が夢を創る」社会を実現するために、アルー株式会社は挑戦し続けます。
大切にしているコンセプト

何が人を成長させるのか?

年間3万人以上の方たちの育成を支援する中で、私たちは考えました。行き着いた答え、それが「能力と結果は“量”が作り出す、量は”環境”が作り出す」というものでした。新人、若手、管理職…、人が集まることで、それぞれ、お互いの存在が環境となります。 OJTとOFF-JT、現場と非現場もまた、人が育つための環境です。私たちは量を生み出す環境作りに、情熱とこだわりを注ぎ続けています。 ⇒続きはこちら
■「100本ノック」
■「シミュレーション&フィードバック」
記事検索